テーマ:

八甲田丸(子連れ北海道旅行)

青森に着いたら、まずは青函連絡船「八甲田丸」の見学。 数年ぶりの訪問ですが、あちこちかなり傷んでいるようです。 船長室などは、雨漏り対策でしょうか、バケツがいくつも置かれていました。 それでも、旧グリーン車の座席に座ったり、煙突展望台に登ったりして、のんびり楽しめました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新潟港(北海道子連れ旅行)

新潟港着岸直前。フェリーターミナルが見えます。小樽に比べて、ずいぶん小さい感じです。 いよいよ入港。車輌甲板に降りる用意をするよう、再三放送が入ります。入港後もしばらく部屋で待機するように言われた、行きの船(大洗-苫小牧)とは対照的です。 運転手本人だけでなく、同乗者も全員車での下船になったので、新潟のフェリーターミナルには…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夜のすれ違い(北海道子連れ旅行)

夜、7時半ぐらい。姉妹船とのすれ違いを見に、後部デッキへ。ここは、強風の時でも外に出られます。 真っ暗な海に浮かぶ、光のかたまりが近づいてきます。そして、姉妹船から大きく長い汽笛。それに応える、こちらの船の汽笛。 ほんの短い間だったと思いますが、闇の中で一人ぼっちではない、頼れる仲間がいる、そんな気持ちにさせる瞬間でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の大雪丸(子連れ長崎旅行)

さて、一昨日の日記に戻ります。もっとゆっくり船内見学をしたかったのですが、列車の時間があるので後ろ髪をひかれながらチェックアウト。 チビが何度か遊んだことのある「キッズルーム」は、この日かぎりで閉鎖です。 ヨチヨチ歩きの頃は断念した滑り台も、今ならスイスイ楽しめるでしょうけれど、朝の時間を船内見学にあてたため、遊ぶ時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船内見学(大雪丸)

すでに昨日の日記になりますが、朝食後に大雪丸の船内見学をさせていただきました。案内人は、元大雪丸船長の北山氏。いや、今でも北山船長とお呼びするべきでしょう。 ロビー展示物の紹介から始まって、普段は入れない、制御機械がたくさんある部屋や、エンジンが並んだ部屋などを見学しながら、貴重なお話をたくさん伺いました。 歴史的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青函連絡船大雪丸(ホテルシップビクトリア)

昼間から長崎に降り始めた雪は、夜になっても降り続いていました。夜の大雪丸は船体がライトアップされ、操舵室にも灯りがともって、華やかな印象でした。 フロント前は人も少なくひっそりとしていましたが、それもそのはず他の船室ではダンスパーティーの真っ最中でした。 あとで、お風呂に入りにいくついでに、パーティー会場の入り口をそっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元青函連絡船「大雪丸」まもなく閉鎖

青函連絡船として活躍した「大雪丸」は、今、長崎で「ホテルシップ ヴィクトリア」として営業していますが、いよいよ最後の週末を迎えます。残念なことに、今年の12月20に営業を終了してしまうためです。今年の秋ぐらいにそのニュースを聞いた時には、それでもまだまだ先のことと感じていましたが、ついにあと数日となりました。写真は「大雪丸客室案内図」。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more