テーマ:四国

愛媛といえはポンジュース(松山子連れ旅行)

松山空港のラウンジにて。「ラウンジの飲み物は、ポンジュースに違いない」と言っていたら、本当にありました。さすがに、「ポンジュース用の蛇口」はありませんでしたが……。 写真はゲート内のJALのラウンジですが、ゲート外の有料ラウンジ(持っているカードによっては無料)にもポンジュースがありました。 (3月4日の日記)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労研饅頭(松山子連れ旅行)

松山市駅からそのままバスで空港へ、と思ったのですが、大事なことを忘れていました。路面電車で大街道へ戻ります。 大事な用事は、「労研饅頭を買う」ということ。もともとは、美味しい鍋焼きうどんの店「ことり」を教えてくれた友人への、お土産のため。 でも、前の日に自分用に買ってみたのがとても美味しかったので、自分のためにも買い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観覧車にて(松山子連れ旅行)

温泉のあとは昼食。路面電車に数駅だけ乗って、と思っていたのに、やってきたのは新型車両。この車両はノンステップですが、車両の両端だけは高い位置に座席があります。 運転手後ろの、たった2席しかない特等席に座ったチビは、「市駅まで乗る!」と宣言。もともとは、大街道で降りて昼食を、という予定だったのですが、少しでも長く乗っていたく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

椿の湯(松山子連れ旅行)

坊ちゃん列車を楽しんだ後は、「椿の湯」へ。昨日の「道後温泉本館」とくらべて、お客さんの年齢が高いです。そのためか、お客さんのマナーも良く快適でした。 ななめ向かいにあるローソンは、休憩コーナーつきの特別仕様。湯上りの一休みに、よさそうです。 (3月4日の日記)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊ちゃん列車乗車(松山子連れ旅行)

古町(始発駅)では、我が家も含めて2グループのみ。前後の客車に別れ、貸切状態で出発。窓から入る風が心地良い。 次の市駅で様子は一変、おばちゃん団体で立ち客まで満員。先ほどのように春風を楽しむ余裕はなく、変な熱気でいっぱい。 終点の道後温泉に着くと、団体はお土産やさんへとまっしぐら。えっ、これから始まる入れかえ作業、見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

からくり時計(松山子連れ旅行)

道後温泉の名物(?)からくり時計。去年来た時には昼間に見たのですが、私達と、足湯(からくり時計のすぐそばにあります)のお客さんぐらいしか、いませんでした。 今回は、夜のお風呂の後で行ったところ、たいへんな賑わい。人だかりの向こうには、昔の巡査さん(?)の衣装をつけて、道後温泉の説明をしてくれる人がいます。 もう少し近寄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポスト(松山子連れ旅行)

道後温泉の、お店のたくさんある通りで、こんなポストを見つけました。 飾りとして置いてあるのかと思ったら、側面に集配時刻の表示が。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道後温泉本館(松山子連れ旅行)

松山に来たら、ここに行かなきゃ、というわけで、道後温泉本館へ。実は前回松山を訪れた時には、時間の都合で行かれなかったので、今度こそは、というわけです。 歴史ある建物に圧倒されながら中に入ると、思ったより若い人が多かったです。近所の旅館からか、浴衣姿の人もあちこちに。 浴室は混んでいましたが、洗いに来ているというより浸り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マンション?(松山子連れ旅行)

今回の宿は、名前は「ホテル」ですが、実はウィークリーマンション。だから、キッチンもあります。 道後温泉の旅館でゆっくり、とか、松山市駅近くのビジネスホテル泊とか、いろいろ考えたのですが、安くて子供連れに人気がある、ということで、ここを選びました。 フロントでキーを受け取り宿泊階でエレベーターを降りると、そこはまるでごく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロープウェイ運休(松山子連れ旅行)

松山城は山の上にあるので、ロープウェイに乗って…と思ったら、点検のため運休。 併設のリフトは稼動中、いつもは未就学児は乗れないのですが、ロープウェイ運休中は特例として「抱っこ」での乗車可能。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ことり」の鍋やきうどん(松山子連れ旅行)

去年、来たのですが、ぜひまた来たかったお店。小ぶりの金属製の鍋に、魚のダシがきいた熱々のうどん。 メニューは、鍋やきうどんと、おいなりさんだけ。でも、それで充分! チビのために、取り皿とフォークを貸してくれました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Q400(松山子連れ旅行)

伊丹空港から松山空港まで、小さな飛行機に乗りました。途中、飴のサービスがありましたが、私の好きな黄金糖があって嬉しかった! この飛行機は、カナダ製のボンバルディア社製のDASH8-400型機。「Q400(キュー・ヨンヒャク)」と呼ばれるプロペラ機です。YS-11の後継機として、主に地方路線でつかわれています。Q400の「Q…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

羽田空港にて(松山子連れ旅行)

チビお気に入りのハンバーグサンド(万世)は、見あたらず。私が最近よく買うお粥も、売り場が遠いので断念。 ゲート内に化粧品屋さんコーナーができたけれど、朝は閉まっているのでいまだに見物できず。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆっくり出発(松山子連れ旅行)

今回の旅は、四国の松山へ。少しゆっくりめの出発です。いつもは、夜明け頃のリムジンバスで羽田空港に向かうのですが、今日は電車で。 この時間だと、いろんな臨時列車とすれ違うので、窓から目が離せないチビです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more