小樽雪あかりの路(北海道子連れ旅行)

画像

さっぽろ雪まつりにあわせて旅行しようと決めたのは、航空券発売日の直前。運良く飛行機は押さえたものの、札幌の宿の空きがありません。どうしようどうしよう、といううちに、旅行の日は近づくばかり。

そこで札幌以外に宿泊しよう、という話になったので、「小樽に行きたい!」と強く主張してみました。実は、「小樽散歩」というブログで「小樽雪あかりの路」のことを知って、ぜひ行きたいと思っていたのです。

きっかけになったのは、この記事。
  「雪あかりの路オリジナル切手シート」
  http://lovehokkaido.at.webry.info/200612/article_6.html
ここで紹介さてていたURLから、「小樽雪あかりの路」のイベントを知りました。


実際に見た「小樽雪あかりの路」は、想像した通り素敵でした。でも、その場に行けば私もあんな写真が撮れるかも、という妄想は、すぐに消え去りましたが。美しい景色は、しっかり記憶にとどめました。

チビが暗い道を怖がったら困るな、という心配は無駄でした。暗闇の中にうかぶ暖かな光は、安心感や楽しさを運んできたようです。特に、手宮線跡の雪のトンネルが気に入ったようで、大喜びでした。小さなかまくらに入ってみたり、雪だるまの数を数えてみたり、九時に灯りが消えるのが、名残惜しいほどでした。

"小樽雪あかりの路(北海道子連れ旅行)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント