ぶりのすし弁当(富山駅の駅弁)

画像富山駅で有名なのは、なんといっても「ますのすし」。続いて「ぶりのすし」だと思います。四角い紙容器の中に円形の容器が入っていて、その中には笹に包まれた美味しい押し寿司がぎっしり……でも、一人で食べるにはちょっと多すぎ。狭い車内で円形の鮨を切り分けるのも、ちょっと大変。でも、この「ぶりのすし弁当」は、一人で手軽に食べられます。製造元は富山の「源」(「ますのすし」「ぶりのすし」と同じ)。

「ぶり」と「かぶら」の押し寿司で、脂ののったブリもかぶらのおかげでサッパリとした感じです。生姜の香りも良く、にんじんの色がきれいです。要するに、よく見かける「ぶりのすし」の小型版なのですが、食べやすさはこちらのほうがだんぜん上です。ただし、円形バージョンのほうが笹の香りが少し強いかな??

富山駅改札口外の売店で購入。750円。賞味期限が長めなのも嬉しいです。

<富山県 北陸本線/富山駅>
ますのすし本舗 源 http://www.minamoto.co.jp/
画像画像
画像画像

<富山駅の駅弁>
ぶりかまめし http://mm.at.webry.info/200502/article_65.html
ありがとうJR富山港線特製弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_11.html
佐々成政弁当 黄金伝説 http://mm.at.webry.info/200602/article_12.html
富山湾弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_13.html
幕の内弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_14.html
ずわいがに寿司弁当 http://mm.at.webry.info/200603/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月24日 00:34
ブリとカブラ、美味しそうですね。
以前、近所でやっていた富山の物産展でますの寿しを買ってみたのですが、パッケージがそっくりなのに実は違う会社のものだった、という事がありました(笑)というわけで源の駅弁はまだ食べたことないんですよね。

ところで、↑にコメント書かれているもんたんさんのBLOG、こだわりの一品という名前に惹かれて見に行ったら、別にご本人がこだわりを持って使っている一品の紹介という訳ではなく、アフェリエイトで上位に来ている商品の紹介だったんですね。
ガジェット系大好き人間なんで興味を持って訪れたのですが、ちょっとがっかりでした。
2006年03月24日 07:26
ぶりのすし、美味しいです!富山駅の売店には、魅力的な駅弁がたくさんあって迷います。しかも、北陸地方の駅弁を集めた売店もあって、一日何食も食べたくなります。

上のコメントのブログ、前の日は別の名前で登場してるんですよね。ウェブリブログの中だけでも、あちこちで宣伝しているみたい。普通は無視するんだけれど、私も紹介文にひかれて見に行ってしまいました。
2006年03月27日 23:54
mさん、サークルの参加ありがとうございます。
mさんも旅行好きのようですね。
それにしても駅弁がいっぱい!
全部現地で購入してるのかな?
小さいお子様がいると旅も大変ですね。
私は気ままな一人旅で良いけど・・・
以後よろしくお願いします。
2006年03月28日 07:26
駅弁は、できれば現地で購入したいのですが、子供が小さいのでなかなかそうもいかず。駅弁大会や物産展、それから東京駅に各地の駅弁が手に入る売店があるので、そこで購入したりしています。

奥方さんの花の写真、素敵ですね。私はどうしても「花より団子」になってしまいます……。
ゆっこ
2007年03月12日 11:26
私は富山出身ですが、地元の人は「源」のます寿司は買いませんよ。
あれは、機械で大量生産しているのでおいしくないんです。
「青山」という会社のものがぴか一だと・・
でも、会社の回しもんではありませんよ。
ゆっこ
2007年03月12日 11:27
私は富山出身ですが、地元の人は「源」のます寿司は買いませんよ。
あれは、機械で大量生産しているのでおいしくないんです。
「青山」という会社のものがぴか一だと・・
でも、会社の回しもんではありませんよ。
2007年03月14日 00:02
地元の人はもっと美味しいます寿司を知っている、とは聞いたことがあります。でも、実際に富山に行ってみると、いろんな会社が作っているみたいで、迷って迷って買えませんでした。「青山」ですね、次の旅行まで覚えておかなきゃ。

源の「ますのすし」も「ぶりのすし」も円いものは東京のデパートでも買えるので、東京では見かけない個別包装(?)を試してみました。

この記事へのトラックバック