ずわいがに寿司弁当(富山駅の駅弁)

画像富山にはおいしい駅弁がたくさんあって、迷ってしまいます。ホームにも、改札外(改札のすぐ近く)にも「ますのすし」で有名な「源」の売店があります。ちょっとたべにくそうな「ますのすし」のカットしたタイプがあったり、駅弁以外にもおにぎりが美味しいです。その他にも北陸の有名駅弁を集めた売店があり、さらに駅ビル3階の「白海老天丼」が美味しくて持ち帰りも可ということに気づいてしまって、限られた富山滞在時間の中で一体何を食べたら良いのかと、うれしい悩みです。そんな中、主人が選んだのがこの「ずわいがに弁当」。

私は酸っぱいのがあまり得意でないのですが、前の日に食べた「ありがとうJR富山港線特製弁当」の蟹チラシ寿司が好印象だったので、もうちょっと食べてみたい、と購入に賛成(買う前から、分けてもらうつもりでいる)。最初の一口目は「酸っぱいかな」と思ったのですが、慣れてくるとその酸味が心地よくて。「ずわいがに寿司弁当」は、文字通り「ずわいがに寿司」以外にはほとんど何も入っていないのが、自信を感じさせます。

写真の通り、蟹の押し寿司、茗荷、すだち。この蟹の色が綺麗で、「さすが、ずわいがに!」と思いました(いや、私は蟹の種類の区別がよくわからないんですが)。そして、最初から寿司の上の蟹足だけを一本、箸でつまんで食べるという反則技。蟹の香りと、甘みのあるお酢の香りがひろがります。そして、ご飯の上にはまだまだカニがたくさん。今度は一口でほおばると、あぁ酸っぱい、でも美味しい。

実は、お弁当箱を開けて「あれっ?少ない!?」と少々不満に思いました。八角形のお弁当箱ぎっしりに詰まっていると思ったのに、四角く切られた押し寿司が並んでいて、箱との間に「すきま」があるからです。でも、実際に食べてみて納得。蟹たっぷり、そしてぎゅーっと押された寿司飯、見た目よりずいぶんボリュームがあります。量が少ない、というのは誤解でした。

富山といえば「ますのすし」「ぶりのすし」が思い浮かびますが、この綺麗なずわいがにの寿司もなかなかです。切れ目が入っていて、食べやすいのも良かったです。
画像画像
<富山県 北陸本線/富山駅>
ますのすし本舗 源 http://www.minamoto.co.jp/


<富山駅の駅弁>
ぶりかまめし http://mm.at.webry.info/200502/article_65.html
ありがとうJR富山港線特製弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_11.html
佐々成政弁当 黄金伝説 http://mm.at.webry.info/200602/article_12.html
富山湾弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_13.html
幕の内弁当 http://mm.at.webry.info/200602/article_14.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぶりのすし弁当(富山駅の駅弁)

    Excerpt: 富山駅で有名なのは、なんといっても「ますのすし」。続いて「ぶりのすし」だと思います。四角い紙容器の中に円形の容器が入っていて、その中には笹に包まれた美味しい押し寿司がぎっしり……でも、一人で食べるには.. Weblog: すくすく日記 racked: 2006-03-23 07:30